蒜山ツアーデスク活動報告


2021年05月01日~31日 2021年06月01日~30日 2021月10月01日~31日 2021年11月01日~30日
2021年01月01日~31日 2021年02月01日~28日 2021月03月01日~31日 2021年04月01日~30日
2020年06月01日~30日 2020年09月01日~30日 2020年10月01日~31日 2020年11月01日~30日
2019年12月01日~31日 2020年03月01日~31日 2020年04月01日~30日 2020年05月01日~31日
2019年08月21日~31日 2019年09月01日~30日 2019年10月01日~31日 2019年11月01日~30日
2019年08月01日~05日 2019年08月06日~10日 2019年08月11日~15日 2019年08月16日~20日

2019年01月~03月 2019年04月~06月 2019年07月01日~19日 2019年07月20日~31日
2018年01月~03月 2018年04月~06月 2018年07月~09月 2018年10月~12月
2017年01月~03月 2017年04月~06月 2017年07月~09月 2017年10月~12月
2016年01月~03月 2016年04月~06月 2016年07月~09月 2016年10月~12月
2015年01月~03月 2015年04月~06月 2015年07月~09月 2015年10月~12月
2014年01月~03月 2014年04月~06月 2014年07月~09月 2014年10月~12月
2013年01月~03月 2013年04月~06月 2013年07月~09月 2013年10月~12月
2012年01月~03月 2012年04月~06月 2012年07月と09月 2012年10月~12月
2012年08月限定 2011年    ~12月


2021年10月16日
仲良しお二人をお迎えして山乗渓谷リバートレッキングを行いました
足元良し!! 期待にワクワク 四又の杉!!
テンション満開 岩の上にも100年 下の大岩滝
水量は少ないです 見返りの大岩 足慣らし
ギボシ滝 上半身は濡れません 余裕の笑顔
第一関門突破後 次は? 三段の滝
簡単そうで難しそうで・・ 足場が大事です 連段の滝
ゴルジュです 連段の滝中部 来年はそうめん流し?
ハート石 龍神の滝をバックに 次の攻略場所
トンネルを抜けると? レクチャー通り 意外と簡単
こんにちは!! ようこそ!! 左足のLがアクセント 滝で願いを
10月16日、県南より仲良しのお二人をお迎えして山乗渓谷リバートレッキングを行いました。今年は水温が平年に比べ2度近く高く、この時期のツアーが可能になりました。上半身の濡れに注意すれば、後2週間は体験可能ではないかと思います。ご希望の方は是非ご相談ください。可能な限り「最適な解」をご提案します。

蒜山ツアーデスクは3つのツアーを一泊して頂く事でお安く体験して頂く事ができるプランをご用意しています。
主なツアーとしては次の通りです。
1 大藪漕ぎと巨木巡り ご希望によりお昼はバイキング そして妖精の森ガラス美術館
2 三平山ナイト登山
3 烏ヶ山登山 又は朝鍋鷲ヶ山~三平山縦走登山


単体では
1 櫃ヶ山登山
2 若杉山登山
3 泉山登山とバイキング そして妖精の森ガラス美術館
4 和気アルプス登山
ご興味のある方はお問い合わせ下さい。そしてリクエストください。お待ちしています。


2021年10月09日
リピータの方をお迎えして大藪漕ぎと巨木巡りを行いました
笑顔の中にも緊張が 【小藪】にもなりません 尾根に出ました
根曲がり竹の太さはマックス 度肝を抜かれるような大きさ やはりこのアングル
腰掛のブナに到着 持ち上げているつもり 木登りは人生初体験
美女と恐竜 桂の木 香りでリフレッシュ
最大のビューポイント これも初体験 少し硬い笑顔
少し登りました リフレッシュした笑顔 ブナとミズナラ 友愛
笑顔に硬さがありません 小惑星探査機「はやぶさ」で一躍有名になった中和神社
10月09日、晴天の中、リピーターの方をお迎えして「大藪漕ぎと巨木巡り」ツアーを行いました。ツアー中何気なくお話しくださったことに「頂上を目指すばかりのツアーでなくても楽しめるツアーがあるのですね」と言う様なフレーズが有りましたが、「わが意を得たり」と思いました。とても嬉しくなりました。

春には「サルメンエビネ」の開花をご覧いただけますが、45年以上前から保護活動をして積み上げてきたことが役立っています。そしてその調査中に見つけた巨木等が「大藪漕ぎと巨木巡りツアー」のベースになっています。ツアールートを幾度も検討し、新たな発想でルートを選定したり、お客様に合わせて数あるルートの中から最適なルートをご案内しています。登山道の無いルートをご案内しますので、ルートはフレキシブルに変更できます。

今日10月09日は中和神社(ちゅうかじんじゃ)の秋の大祭でした。中和神社は小惑星探査機はやぶさで一躍有名になった神社です。はやぶさのイオンエンジンが不具合を起こした折、イオンエンジンの「中和器(ちゅうわき)」と漢字の表記が一緒の「中和神社」に願いを託し、当時のプロジェクトマネージャーの川口教授がお参りに訪れたのが発端です。神奈川県の相模原にある管制センターには3枚の「中和神社」のお札が祭られています。「難関突破」にご利益のあるお墨付きの神社です。「結婚」「進学」「就職」「国家資格試験」そして、「無事帰還できる」と言う事から海外旅行へ行かれる方がお越し下さっています。


2021年10月03日
リピータの方をお迎えして烏ヶ山登山を行いました
ドキドキの始まりです 車を止めることが出来ました 10:30 登山開始
最初のピーク 1230M 涼しそうです ナナカマド
鏡ヶ成 奥大山スキー場 展望が開けピークが・・ 大山も見えます
足元に注意 気を抜かないで マイペースで
ロープはあくまでも補助 ユックリユックリ なり切りましょう
タオルがアクセント 水も準備万端 何を想う?
今晩の夕食は何に・・ 大山をバックに烏ヶ山 後15分も有れば頂上です
先ずは万歳! 今の気持ちを両手を広げて表現 早く登頂したい!!
秋の装いが始まっています 2回目の烏ヶ山頂上 3年5ヵ月振りの烏ヶ山
烏ヶ山初登頂 何が見えますか? 宍道湖方面
江津方向 出雲方面 三瓶山方向
大山キャラボクのトンネル ストレスは取れましたか? 充電できました
また頑張れます! 新しいアイデアが・・ 登山開始時より笑顔満開
10月03日、リピータの方をお迎えして烏ヶ山登山を行いました。この日は朝から晴天に恵まれ絶好の登山日和となりました。出発時には皆さん少し緊張気味の様でしたが、標高とともにゆるみ、笑顔一杯の皆さんに変わってきました。登山口での写真を見直してください。出発時の表情と下山時の表情には明らかな違いがあります。本当に笑顔満開です!! 5時間半の登山でお疲れと思いますが、とてもリラックスして笑顔に満ちあふれておられます。山の持つ力にあたらめて感謝です。

蒜山ツアーデスクでは現在色々なツアーを行っています。
1 人生観が変わるような 【大藪漕ぎと巨木巡り】
2 サプライズ一杯の 【三平山ナイト登山】
3 宇多田ヒカルのCMで一躍有名になった 【烏ヶ山登山
4 ステップアップに最適な 【朝鍋鷲ヶ山~三平山ナイト登山】
5 驚きと感動とスリル満点の 【山乗渓谷リバートレッキング】
その他、各種ツアーを行っています。何なりとお申し付けください。誠心誠意対応させて頂きます。


2021年09月25日
山乗渓谷リバートレッキングツアーを行いました
滑り止め対策OK レンタル品確認OK スタート準備OK
ここからは国有地です 岩の上にも100年? 驚きと感動とスリルの始まり
下の大岩滝 皆さん笑顔全開 新しいアングルです
ギボシ滝 上半身は濡れてません 三段の滝
スリップ注意!! 難関クリア 絵になるポイント
連段の滝 簡単そうですが・・ 昼食後のイベントにワクワク
連段の滝中部 振り返ると絵になる風景が・・ ダイナミックな飛び込みです
ストレスと煩悩は滝行で 歓声と笑顔は絶えませんでした まだまだ元気一杯
09月25日、7名のお客様をお迎えして山乗渓谷リバートレッキングを行いました。気温が高く風が無くツアー日和になりました。当日はフルコースのお客様もお越し下さり、皆さんとても活動的でトコトン遊んで頂きました。
山乗渓谷リバートレッキングはまだまだ体験可能ですが、一雨ごとに水温が低下しますので、検討中のお客様はお早めにお問い合わせ下さい。このチャンスを逃すと一年先です。先ずはお問い合わせ下さい。10月一杯が目安です。体験は可能でも、トコトン遊んでいただくには少し水温が低くなります。その様な中、ブナの原生林を巡る「大藪漕ぎと巨木巡り」、宇多田ヒカルのサントリーの水の宣伝で一躍有名になった「烏ヶ山登山」の最適な季節になります。又、空気が澄み、空中湿度が下がりますので、ナイト登山での夜景や星空観察には最適な季節になります。ご相談いただければ最適な組み合わせのプランをご提案いたします。何なりとお申し付けください。


2021年09月23日
山乗川源流部で巨木巡りツアーを行いました
吉井川と旭川の分水嶺近く 10時出発です!! 少し緊張気味です
途中から少し急登です 水分補給と小休止 根曲がり竹回廊(トンネル)
480㎝超えのブナ 大きさを実感 地上130㎝を計測中です
何と!!485㎝です!!! このアングルがベスト 腰掛のブナに到着
憧れの腰掛です 笑顔が全てを物語ります 恐竜にご挨拶
甘い匂いに誘われて・・ ブナとミズナラが寄り添って・・ こんなこともできます
こぼれる笑顔が素敵です メルヘンチックです 束の間の3時間半
09月23日、県南よりお客様をお迎えして大藪漕ぎと巨木巡りツアーを行いました。天候に恵まれまたと無い様なツアー日和になりました。780㎝の桂の木の付近には甘い香りが漂っていました。桂の木の落ち葉を拾って嗅いでみると、甘い匂いが身体の奥まで入ってきました。とても穏やかな心になり、ストレスが身体のあちこちから飛び去って行くような、そんな感覚に包まれました。

大藪漕ぎと巨木巡りのツアー中には、人生観が変わるようなインパクトある体験が次から次へと現れます。まるで「山乗マジック」です。いえ、マジックでは有りません。実体験の感想です。

これから山乗渓谷の源流部は一日ごとに秋の装いが深まります。リクエストを頂ければ可能な限りツアーを開催いたします。小学校さんや中学校さんも体験学習にお越し頂いています。とてもインパクトのあるツアーです。宿泊が可能な方は一日目の昼間は大藪漕ぎと巨木巡り、18時半からは三平山ナイト登山、そして翌日は烏ヶ山登山と、3つのツアーを体験して頂く事が可能です。どのツアーも多くの方が憧れるツアーです。パッケージツアーとして開催いたしますので、4名様位のグループでお越し頂ければ、4500円の懐石料理付きの宿泊料金が2000円位になります。つまり、お一人様当たり約8000円オフになります。
一つ一つのツアー単独でも、お申込みいただけます。お問い合わせ下さい。0867-67-2148 (23時迄OK)


2021年06月30日
山乗渓谷で清掃活動と研修を行いました
ヤマアジサイ 水温は14度と少し 水量はまずまず
小休止 深さの確認 ルート選びはとても大切
ここだけしか知りません ギボウシ 滑滝
モリアオガエルの卵塊 この形は・・ 虹の滝
06月30日、蒜山ツアーデスクの12名のガイドで全国的にも注目されている「リバートレッキング」を行っている山乗渓谷で、清掃活動と研修を行いました。時々薄日が差す中での清掃活動と研修でしたが、蒜山ツアーデスクにとっては、お客様に快適にツアーを体験して頂く為の、とても大切な行事です。研修は年間4~5回行っています。ツアーのバージョンアップであったり隠れたリスクを拾い出す事にもつながります。

水温も徐々に上がっています。まもなく最適なシーズンへと入ります。3密のない快適なツアーを行っていますので、是非蒜山ツアーデスクのツアーへお越しください。驚きと感動とスリル満点のツアーです。蒜山ツアーデスクが行うツアーが何故全国的にも注目されているか是非皆様ご自身でお確かめください。実績は嘘をつきません。


2021年05月01日~31日 2021年06月01日~30日 2021月10月01日~31日 2021年11月01日~30日
2021年01月01日~31日 2021年02月01日~28日 2021月03月01日~31日 2021年04月01日~30日
2020年06月01日~30日 2020年09月01日~30日 2020年10月01日~31日 2020年11月01日~30日
2019年12月01日~31日 2020年03月01日~31日 2020年04月01日~30日 2020年05月01日~31日
2019年08月21日~31日 2019年09月01日~30日 2019年10月01日~31日 2019年11月01日~30日
2019年08月01日~05日 2019年08月06日~10日 2019年08月11日~15日 2019年08月16日~20日
2019年01月~03月 2019年04月~06月 2019年07月01日~19日 2019年07月20日~31日
2018年01月~03月 2018年04月~06月 2018年07月~09月 2018年10月~12月
2017年01月~03月 2017年04月~06月 2017年07月~09月 2017年10月~12月
2016年01月~03月 2016年04月~06月 2016年07月~09月 2016年10月~12月
2015年01月~03月 2015年04月~06月 2015年07月~09月 2015年10月~12月
2014年01月~03月 2014年04月~06月 2014年07月~09月 2014年10月~12月
2013年01月~03月 2013年04月~06月 2013年07月~09月 2013年10月~12月
2012年01月~03月 2012年04月~06月 2012年07月と09月 2012年10月~12月
2012年08月限定 2011年    ~12月


スマホサイトトップページ
服装についてはここをクリック
各種ツアーへのへのお申し込み及び ガイド要請フォーマットはこちらから
各種お問合せ Q&A トップに戻る