蒜山ツアーデスク活動報告

2016年01月~03月活動報告 2016年04月~06月活動報告 2016年07月~09月活動報告 2016年10月~12月活動報告
2015年01月~03月活動報告 2015年04月~06月活動報告 2015年07月~09月活動報告 2015年10月~12月活動報告
2014年01月~03月活動報告 2014年04月~06月活動報告 2014年07月~09月活動報告 2014年10月~12月活動報告
2013年01月~03月活動報告 2013年04月~06月活動報告 2013年07月~09月活動報告 2013年10月~12月活動報告
2012年01月~03月活動報告 2012年04月~06月活動報告 2012年07月と09月活動報告 2012年08月限定活動報告 2012年10月~12月活動報告
2011年    ~12月活動報告



2017年02月06日  鏡ヶ成に行ってみましたが・・・
90分待ってみましたが・・ 象山が霞んでいます 山乗渓谷入り口付近です 少し遅めの昼食です!! 何時もテンションが高いです
 2月06日、「鏡ヶ成9時待ち合わせ」で、現地に向かいましたが、途中よりかなりの降雪と風が出て来ました。何とか辿り着き、取りあえずは休暇村 奥大山(かがみがなる)でミニ嵐の過ぎるのを待ちましたが一向に回復の兆しは望めず、しびれを切らし象山の頂上を目指しました。GPSを頼りに目指しましたが、強風と低温で顔が痛く大変でした。出発して1時間半近く悪戦苦闘し、大変さを少し楽しみましたが、潔く撤退しました。「屋根の有る下で食事ができたら」と言うコンセプトの下、急遽山乗渓谷を目指しました。
鏡ヶ成を後にして車を少し走らせると打って変わって別世界でした。内海谷の峠付近では多くの大型車が立ち往生していました。そこを過ぎるとチェーンが無くても走れるのですがままなりません。山乗千手観音の駐車場に車を止め目的地に急ぎ、昼食の準備に取り掛かりました。何時も彼女の食事が楽しみです。お腹の中から温まりました。至福の瞬間です。その後は近くを散策し、津黒高原荘での温泉入浴。記憶に残る一日でした。



2017年02月05日  津黒山山麓ミニ・スノーシューを行いました
山乗千手観音駐車場 県道445号線 山乗渓谷遊歩道 山乗渓谷遊歩道 山乗不動滝
 2月05日、雨が予想されたため、急遽本来のツアーのミニ・スノーシューツアーを行いました。結果は大した雨でなくツアーを行いましたが、残念にも氷柱は全滅状態でした。最低気温が零度以下にならない日が続いたり、日中の気温が高めに続いたりと、氷柱の発達が望めない日の繰り返しだったため、予想はしていましたが少し残念でした。5月の大藪漕ぎと巨木巡りツアーへのご参加を検討して頂く様、お誘いしました。



2017年02月04日  津黒高原ナイトスノーシューを行いました
ナイトスノーシューへ出発 スノボーのジャンプ台 林間コース もう少しで基幹林道です ゴールでの乾杯!
 2月04日、津黒高原ナイトスノーシューを行いました。この日は上弦の月を少し過ぎた月夜で星空が少し明るかったですが、沢山の星を観察することが出来ました。時折飛行機が星空を横切って行きました。ツアー中には沢山の足跡を確認することが出来ました。6名様のご参加でしたが、皆さん初めての体験に、感動してくださいました。リピーターの方4名様は、前回のツアー中にプレゼンさせて頂いたことに依るご参加でしたが、ありがたい事です。一泊二日でのご参加です。頭が下がります。お客様同士で仲良くなさって下さり、嬉しい限りです。



2017年02月04日  台湾からのお客様へのお知らせです
TSL高機能スノーシュー 防水登山靴 ミドルカット スノーシューへの装着方法 スパッツで雪の侵入を防ぐ 厚手の長靴
 2月04日、台湾の旅行業者さんへスノーシュー体験時の靴の説明と、スノーシュー本体の説明を行いました。何せ、雪は初めて、スノーシューツアー?、と言う中でのプレゼンですから説明は大変です。お越し頂いてもスニーカーでのご参加ですと、NGな訳です。レンタル品としてどこまで行えば良いか、料金設定は?と、色々と試行錯誤の毎日です。果実を手にするには乗り越えなくてはならない一種の”試練”の様な気もします。2月26日、3月16日と50名近くの方がお越しになられます。限られた時間の中でのプレゼンですが、一人でも多くのファンを作りたいです。



2017年01月28日  アスエコさんをお迎えして津黒山山麓スノーシューを行いました
総勢24名様です 中央は下蒜山です 基幹林道に着きました 津黒高原遊歩道へ 蒜山三座と大山!!
記念写真を! 県道445号線到着 ランチタイムです 山乗渓谷遊歩道 シカです!!!
大河ドラマロケ地 シリセード 抜けるような青空です! 雪だるまの完成 かまくらを作ったのだけど・・
 1月28日、アスエコさんをお迎えして津黒山山麓スノーシューを行いました。朝から抜けるような青空でテンション最高!!気温も高くなり汗ばむ中でのツアーでした。スタート地点近くで蒜山三座は勿論大山もくっきりと見えました。お客様は県南からの小学校一年生から中学一年生の皆さんと、保護者の皆様とスタッフ三名様でした。インフルエンザの流行で、最初の30名の参加予定の方が18名様になりました。インフルエンザに罹患せず参加なされた方はとてもラッキーな一日となりました。ガイド活動中、昼間に鹿と出くわしたことは今まで一度ありましたが、今日は長時間シカを見る事が出来ました。それも二度もありました。とても非日常の一日を過ごして頂きました。鹿の足跡は半端では有りません。



2017年01月20日  台湾からのお客様を念頭に、津黒山山麓スノーシューを行いました
9時10分、ロッジ前を出発 20分で津黒高原遊歩道です 食害です 撮影ポイントです ポーズ
踏み外すと谷底です 氷柱が発達してきました 飛沫氷も観察出来ました 滝も少し凍っています このアングルは川?
大河ドラマのロケ地 お昼ご飯を作っています 雪の造形美 中々の急斜面です 登り切りました
ウバユリです 早くもフキノトウです 雪だるまの制作中 中々の出来栄えです 基幹林道まで帰りました
 1月22日、台湾からのお客様を念頭に、津黒山山麓スノーシューを行いました。タイムスケジュールとリスクの洗い出しです。サポーターの彼女が大変協力してくれています。ありがたい事です。ツアー中に沢山の食害場所の確認と、落雪場所等が洗いだされました。
気温低下等で氷柱が少し発達していましたが、日中の高温や雨等が有ればすべて全滅します。氷柱は儚い運命です。観察できるか出来ないかは運次第です。ただ回数を重ねてそのチャンスの可能性を高めることです。ガイドをしていても、中々出会えない動物で有ったり気象環境による事象に、いとも簡単に出会えたり遭遇できることが有ります。回数を重ねることでのご褒美です。しかし、それは年に1回か2回です。女神が微笑むと思わぬ体験が出来ます。その素晴らしい体験を多くの人にプレゼンできたらと毎回思う今日この頃です。サポートいたしますので是非おいで下さい。



2017年01月16日  サポーターとそのお友達です 向かう先は三平山!
10時、津黒高原荘出発 12時、現地スタート 向かう先には青空が! ちょっと一休み お楽しみのランチタイム
出来た! 美味しいぞ! 足取りも軽やかに 慣れてきました テンションアップ! ひたすら雪だるまを・・
青空が微笑んで 今日は取りあえずここ迄 この木肌、何の木? 下りはあっと言う間です 約4時間、スタート地点へ
 1月16日、前日からの大雪をもろともせずに県南よりお越し下さいました。向かう先は三平山!!出発は予定より30分遅れ。途中、側溝に落ちた車の救出の手配やその他諸々で、現地スタートは12時。一時間近く林道を歩き東屋で昼食タイム。匂いに誘われてキツネやタヌキが出てくればよいのですが、そうは問屋が卸しません。ツアー中、動物に出会いたいと言う希望は容易く叶う事ではありません。

この日は前日の大雪の影響で、30㎝は沈みました。重い雪ではなくサラサラ状態の雪でしたが、3人で交代で軽いラッセルを行いながら進みました。勾配が有ると途端に歩みが鈍ります。青空が出たり、雪が降って来たり、風が強く吹いてきたりと、目まぐるしく天候が変わりましたが、テンションは終始最高潮。そんな中、現在の状況を勘案し土塁の手前の絶景ポイントでUターンしました。三平山の頂上が目的ではなく、スノーシュー遊びがメインですので、何のためらいも有りません。

ここで皆様に一言。
今回の三平山スノーシューは登山道を利用しましたが、このルートは雪崩に巻き込まれる危険性が非常に高いルートです。当日の積雪量や雪質、天候、気温、そして、前日までの積雪量の推移等を慎重に検討して判断しないととても危険なルートです。安易な登山道を利用してのスノーシュー登山はお止めになられた方が良いと思います。蒜山ツアーデスクでは3つのルートを利用して、その日に応じた最適なルートで皆様をご案内しています。にわかガイド組織ではないプロのガイド集団である、蒜山ツアーデスクのツアーへご参加なさるなり、ガイド要請をお勧めいたします。冬山は侮ると、思わねしっぺ返しを受けることが有ります。謙虚に臆病に冬山と関わりたいものです。思わぬご褒美もきっとあります。



2017年01月14日  総社市より学童保育の「あそびのきち おひさま」がお越し下さいました
ガイドの説明を熱心に・・ 足慣らしです 寒さは気になりません テンションは高いです フカフカの雪の上で・・
ちょっと一休み 次はどんな遊びを・・ モミの木の下で・・ 椿が咲いています シリセードは楽しい・・
 1月14日、当日の未明より待望の雪が降り、積雪は40㎝。前日まではツアー場所は「鏡ヶ成」と打ち合わせをさせて頂いていたのですが、嬉しい誤算でした。気温や天候、そして、アクセスとスケジュールを勘案して、急遽1時間半前に最初の計画地であった津黒高原へ変更しました。結果は大正解!!ここまで雲や風の流れ等が気になったことは有りませんでした。小学校一年生から六年生とそのご家族ですから、体力の差はかなり有ります。自慢話ではないかと言われるかも知れませんが、臨機応変に対応できるのが蒜山ツアーデスクの品質です。蒜山ツアーデスクのガイドは皆プロ意識を確り持っていますので、ご安心の上各種ツアーへご参加ください。皆様のお越しをお待ちしています。

「あそびのきち おひさま」さんには、蒜山ツアーデスク設立当時から冬はスノーシュー、夏はリバートレッキングと、ご利用頂いています。私たち蒜山ツアーデスクの発展とともに歩んで頂いています。全幅の信頼を頂いているのがひしひしと伝ってきます。本当にありがたい事です。皆様の信頼を裏切ることなく、全力で対応させて頂きますので今年も宜しくお願いします。



2016年12月20日  鏡ヶ成でスノーシューを行いました
10時25分出発です 食事の間に天候は回復 少し煙っています ミズナラの大木に遭遇 雪の上に寝そべって・・
持って来いの腰掛です 本当にちょうどいいです 足の長さが引き立ちます 正味2時間遊びました 烏ヶ山が少し顔を・・
 12月20日、鏡ヶ成でスノーシューを行いました。出発時分は小雨でしたが、鏡ヶ成に着いた頃より大粒になり車の中で待機していましたが、雪上での昼食を急遽車の中でとることに変更し、天候の回復を待ちました。案の定、天候は回復し、誰も歩いていない雪原を歩く事が出来ました。積雪は30センチくらい有りましたが、とことん遊ぶには少しもの足りませんでした。しかし、皆さんのテンションは最高!!ご案内していてとても楽しくなれました。正味2時間の体験ツアーでしたが見所がかなり有り、想い出創りのお手伝いをさせて頂きました。感謝です。



2016年01月~03月活動報告 2016年04月~06月活動報告 2016年07月~09月活動報告 2016年10月~12月活動報告
2015年01月~03月活動報告 2015年04月~06月活動報告 2015年07月~09月活動報告 2015年10月~12月活動報告
2014年01月~03月活動報告 2014年04月~06月活動報告 2014年07月~09月活動報告 2014年10月~12月活動報告
2013年01月~03月活動報告 2013年04月~06月活動報告 2013年07月~09月活動報告 2013年10月~12月活動報告
2012年01月~03月活動報告 2012年04月~06月活動報告 2012年07月と09月活動報告 2012年08月限定活動報告 2012年10月~12月活動報告
2011年    ~12月活動報告